投資全般

リバ取りの意味と注意点についてトレーダーが解説するよ

こんにちは、くればです。

今回は、トレードにおける「リバ取り」の意味と、「リバ取り」をやる上での注意点について。

リバ取りってたまに聞くけどどういう意味? どうやるの?

といったことを考えている方向けの記事です。

リバ取りとは

リバ取りとは、「リバウンドを取りに行く」ことです。

トレードに言い換えると、「価格が急落したタイミングで、反動(リバウンド)で価格が戻るのを狙って、買うこと」です。

分かりやすくチャートで解説すると、以下の青丸のところを狙って買うことを、「リバ取り」と言います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 222-1024x614.png です

急激に価格が下がった反動で、価格が上に戻ろうとしているのが分かるかと思います。

▶ リバ取りとは、「リバウンドを取りに行く」こと。つまり、「価格が急落したタイミングで、反動(リバウンド)で価格が戻るのを狙って、買う」こと。

リバ取りの注意点

エントリーのタイミングが重要

リバ取りをやる上では、エントリーのタイミングが非常に重要です。

エントリーのポイントを間違えると、そのままリバウンドせずに、価格が下落していってしまう可能性があります。

こちらも分かりやすくチャートで解説しますが、青丸の部分を見てください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 333-1024x582.png です

リバウンドによって価格が戻るかと思いきや、そのままもういちど下落しています。

適切なタイミングでエントリーしないと、一瞬で大きな損を抱えてしまう可能性があるのです。

▶ リバ取りはエントリーのタイミングが非常に重要。

損切りを高速でしよう

リバ取りをやる際は、損切りを高速でする必要があります。

リバ取りは価格が急落している時にリバウンドを狙う手法。つまり、そもそも価格の勢い自体は下落方向に向いているのです。

そのため、損切りの判断が遅れてしまうと、そのまま下落に飲み込まれて、大損をしてしまう可能性があるのです。

▶ リバ取りをやる際は、損切りは早めに。

超短期で利益を出すには良い

ここまで書いてきたように、リバ取りはそのまま急落に巻き込まれてしまうリスクがあります。

しかし、急落時は普段より大きな値動きが発生するため、上手いタイミングでエントリーすれば、一瞬で利益を得ることができるのです。

最初から上手くできるようになるのは難しいですが、練習してみる価値はあると思います。

この記事を読んで「リバ取り」について知った方は、ぜひ今後のトレード手法の一つとしてチャレンジしてみてください。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。