トレード

デイトレードで損切りできない人が今すぐ見直すべき3つのポイント

こんにちは、くれば(@clevloger)です。このような悩みを抱えていませんか?

デイトレードで損切りができない・・・なにがいけないの・・・?

そんな悩みを解決するために、「デイトレードで損切りできない人が今すぐ見直すべきポイントについて、僕自身のトレード経験をもとに解説します。

「答えだけ先に知りたい!」という方に向けて、ポイントを先に書いてしまいます。

見直すべき3つのポイント
  1. エントリーした後に損切りをずらしてしまう
  2. 損切りするポイントを事前に決めていない
  3. そもそも損切りするつもりがない

デイトレードで損切りするポイントに正解は無い

本題に入る前にお伝えしておきたいのは、デイトレードで損切りするポイントに、「正解は無い」ということです

本来、損切りするポイントは、様々な要素をふまえた上で検討する必要があります。

  • 価格のボラティリティ
  • 自分が持っている資金量
  • 取ることのできるリスク量

などなど・・・。挙げたらキリがないです。こういった様々な要素が絡んでおり、状況によって異なります。

その場その場で考える必要があり、「一律〇〇%価格が下がったら損切り」といった正解はないのです。

具体的な正解を求めたくなる気持ちはわかりますが、そんなものは存在しないという前提のもと、自分で考えるようにしてください。

ただ、正解は無い一方、僕がトレードを経験してきたなかで思う「損切りを考えるうえでの不正解」は存在するので、それを紹介していきす。

デイトレードで損切りできない人が見直すべき3つのポイント

デイトレードで損切りできない人が見直すべきポイントを3つ紹介します。

どれかに当てはまっていませんか?当てはまってしまっている方は、いつか大負けする可能性が高いです。

  1. エントリーした後に損切りをずらしてしまう
  2. 損切りするポイントを事前に決めていない
  3. そもそも損切りするつもりがない

エントリーした後に損切りをずらしてしまう

1つ目は、「エントリーした後に損切りをずらしてしまう」です。こちらは、誰もが一度はやってしまう行動だと思います。

ただ、一度やった後に、反省せずに何度も繰り返してしまう人は要注意。

そもそも最初に損切りポイントを決めたのは、「今の自分が許容できる損失額をふまえると、その損切りが必要だから」なはずです。

それにも関わらず損切りをずらしてしまうのは、「負けを認めたくないから」。感情に捉われているうちは、損切りはできるようにならないです。

損切りポイントが近づいてくる時、自分が思っている以上にメンタルが傷つきます。

そのため、正常な判断ができなくなっている可能性が高く、「損切りをずらす」という決断は大抵の場合、間違いとなってしまうのです。

また、事前に決めた損切りを1回でもずらすと、ずらした後の損切りラインに近づいてきた時、「もう1回ずらそう」って気持ちが出てきてしまいます。

そしてずらし続けるうちに、損切り額がとんでもなく大きくなり、後戻りできなくなるというのは非常によくあるパターンです。

損切りをずらしてしまう癖のある方は、この記事をきっかけに、今後一切ずらすのをやめることをおすすめします。

損切りするポイントを事前に決めていない

2つ目は、「損切りするポイントを事前に決めていない」です。何らかの理由があって、事前に決めていないのであれば、それは良いです。

しかし、エントリーした後に決めるために、事前に決めていない場合は要注意です。

先ほども書いたように、人は損失が出ているとき、自分が想像している以上にメンタルがやられ、正常な判断が出来なくなってしまうものです。

そのため、エントリーした後に損切りポイントを決めようとすると、

今回は損切りしなくても良いかもな・・・戻ることを祈ろう・・・ 

といった、誤った判断をしてしまう可能性がかなり高いのです。

エントリーしている最中の自分の判断は信じず、エントリー前の正常な状態で損切りラインを決めておくことをおすすめします。

そもそも損切りするつもりがない

3つ目は、「そもそも損切りするつもりがない」です。これは絶対やっちゃダメです。

損切りをしないで勝っているトレーダーなんてどこにもいません。超長期投資ならまだしも、「デイトレード」で損切りしないのはあり得ないです。

多少運が良くて勝つことができたとしても、間違いなくいずれ破産します。

万が一、そもそも損切りするつもりがないトレードをやっている方がいましたら、今すぐに改めてください。

デイトレードで損切りできるようになるコツ

デイトレードで損切りできるようになるコツは、1つ1つのトレードに固執せず、全体で見ることです。

「スロット」に置き換えてみると分かりやすいはずです。

スロットを回していて、1回1回のハズレに落ち込まないはずです。

スロットの毎回のハズレは、大当たりを引くまでの必要経費。トレードもこれと同じで、損切りは勝つための必要経費なのです。

損切りせずに1つのトレードに全財産を賭けるのは、スロットを1回まわすのに全財産を賭けるようなものです。

どう考えても負けるのが分かるかと思います。

デイトレードで損切りできない人が見直すべき3つのポイント:まとめ

記事を読み飛ばしてしまった方のために、最後にカンタンに内容をまとめておきます。

この記事のまとめ

デイトレードで損切りするポイントに正解は無い。

しかし、損切りを考えるうえでの不正解はある。①損切りをずらす、②事前に決めていない、③損切りするつもりがない。

デイトレードで損切りできるようになるコツは、1つ1つのトレードに固執せず、全体で見ること。スロットと同じ。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。