投資全般

投資と投機の違いについてトレーダーが解説するよ

こんにちは、くればです。

今回は、「投資と投機の違い」について、トレーダーである僕が解説します。

「投資」と「投機」どちらも良く聞くけど何が違うの?

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

結論から書きますが、投資と投機の違いは以下のとおりです。

投資・・・「長期的な視野で資金を投じ、お金を増やそうとすること」

投機・・・「短期的な値動きを狙って資金を投じ、お金を増やそうとすること」

投資とは?

「投資」とは、「長期的な視野で資金を投じ、お金を増やそうとすること」です。

「投資」に当てはまるものとしては、以下のような例があげられます。

「株式投資」

「投資信託」

「不動産投資」

この会社は将来的に成長しそうだから株を買っておこう

というのは、「投資」に当てはまります。

「投資」とは、「長期的な視野で資金を投じ、お金を増やそうとすること」

投機とは?

「投機」とは、「短期的な値動きを狙って資金を投じ、お金を増やそうとすること」です。

「投機」に当てはまるものとしては、以下のような例があげられます。

「仮想通貨」

「FX」

「株の短期売買」

この会社の株は1時間後に値上がりしそうだから株を買っておこう

というのは、「投機」に当てはまります。

「投機」とは、「短期的な値動きを狙って資金を投じ、お金を増やそうとすること」

投資と投機の違いは?

「投資」と「投機」の違いは、「時間軸」です。

長期的な目線でお金を増やそうとする」のが「投資」

短期的な目線でお金を増やそうとする」のが「投機」

時間軸が長期か短期かよって、「投資」か「投機」かが変わってくるのです。

例えば、先ほどの例でもそうですが、同じ株式投資であっても、

この会社は将来的に成長しそうだから株を買っておこう

という場合は「投資」になるのに対し、

この会社の株は1時間後に値上がりしそうだから株を買っておこう

という場合は「投機」になりました。

「投資」と「投機」の違いは、「時間軸」。

長期的な目線でお金を増やそうとする」のが「投資」、短期的な目線でお金を増やそうとする」のが「投機」。

投資と投機はどちらが良いの?

どちらもメリットデメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。

短期的な目線で売買を繰り返す「投機」はギャンブルだからやらない方が良い

といった意見があったり、

長期的な目線だと何が起こるか分からないから「投資」なんてやらない方が良い

という意見があったりします。

実際にトレードをやっている身としても、どちらが良くてどちらが悪いといったことは無いです。

長期だとずっと気になってしまうから向かないという方は「投機」の方が良いかもしれませんし、短期売買なんて判断力が自分にはないからできないという方は「投資」の方が良いかもしれません。

つまり、どちらが良いということはないので、自分に合ったスタイルを選ぶのが良いと思います(もちろん、組み合わせても良いと思います)。

「投資」と「投機」、どちらが良いということはないので、自分に合ったスタイルを選ぶのが良い。

「投資」も「投機」もリスクはあるから注意

当然ですが、「投資」も「投機」もリスクはあります。

「投資」は低リスクだよ!

たまにこんなことを言う人がいますが、嘘です。間違いなく、嘘です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2.png です

こちらのチャートを見てください。このチャートは日経平均のチャートです。

2016年11月頃からジワジワと株価が上がっていきましたが、2020年の3月には大暴落して、2016年11月頃と同じくらいの価格まで戻ってきてしまっています。

つまり、この期間に買っていた人は全員含み損となってしまっているのです。たとえ、長期的な目線で見た「投資」であったとしても。

また、「投機」も同様にリスクがあります。

短期的な目線で売買を繰り返すので、一瞬で勝つこともできますが、一瞬で大損する可能性もあります。主に投機をやっている僕は、一瞬で数十万円を失ったこともあります。

このように、どちらもリスクがあります。

それをふまえた上で、「投資」や「投機」、自分に合ったスタイルで取り組んでいただくのが良いかと思います。

以上!
ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。