トレード

ポジポジ病とは?原因と克服方法についてトレーダーが解説

こんにちは、くればです。

今回は、「ポジポジ病」の克服方法について、トレーダーである私が解説します。

たくさん稼ぎたいからたくさんエントリーしているよ

負けた!!今すぐ取り返したい!!

トレードをやっていて、こんなことを考えてしまうあなたは、「ポジポジ病」にかかっている可能性が高いです。

そんな方にこそ読んでほしい記事です。

ポジポジ病とは?

ポジポジ病の「ポジ」は、「ポジション」のことです。

ポジションポジション病、つまり、「ポジションを持ちたくてしょうがなくなる病気」のことを、ポジポジ病と呼びます。

・ エントリーの根拠はないけれど、つい勢いでエントリーしてしまった

・ 常にポジションを持っていないと気が済まない、落ち着かない

・ 負けを取り返そうとポジションのドテンを繰り返してしまった

これらの行動をしたこと、ありませんか?

もし、してしまった(してしまっている)のであれば、あなたはポジポジ病にかかっている可能性が高いです。

ポジポジ病とは、「ポジションを持ちたくてしょうがなくなる病気」のこと。

ポジポジ病になってしまう原因

では、なぜポジポジ病になってしまうのか。その原因は大きく2つです。

① 勝ちを急ぎすぎている

② 損を取り返そうとする

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、自分がポジポジ病になってしまった時を思い返してみてください。このどちらかに当てはまるはずです。

勝ちを急ぎすぎている

ポジポジ病になってしまう原因の1つ目は、「勝ちを急ぎすぎている」です。

トレードをする上では、自分が勝つことのできる可能性が高いタイミングでエントリーをすることが重要です。

しかしながら、勝ちを急ぎすぎてしまうと、

もっと勝ちたい!!

と考えて、勝つ可能性の低いタイミングであってもエントリーを繰り返してしまうのです。

相場では特に「自分の狙っているタイミングまでしっかりと待つ」ことが大切です。これが出来ないと、トレードで生き残っていくことは難しいです。

損を取り返そうとする

ポジポジ病になってしまう原因の2つ目は、「損を取り返そうとする」です。

これは特に、「損切りをした直後」にやってしまう可能性が高いです。損切りをした直後に、取り返そうとして、

ロングを損切りして悔しいから取り返すためにドテンショート!!

みたいな行動、やったことありませんか?

取り返したいと思いながらエントリーをすると、相場を冷静な目線で見れなくなり、正常な判断ができなくなってしまいます。

結果、資産をただただ減らすことに繋がってしまうのです。

ポジポジ病になってしまう原因は、①勝ちを急ぎすぎている、②損を取り返そうとする、のどちらか。ポジポジ病にかかるといずれ破産してしまう。

ポジポジ病の克服方法

ポジポジ病を克服するためにはどうしたらよいのか。その方法は、2つあります。

① マイルールを徹底的に守る

② 負けたら一旦トレードを休む

マイルールを徹底的に守る

ポジポジ病を克服するためにまず重要なのは、マイルールを徹底的に守ることです。

ポジポジ病になってしまう原因は、勝ちを急ぎすぎてしまい、勝つ可能性の低いタイミングであってもエントリーをしてしまうことでした。

これを避けるためには、とにかく自分のマイルールを守り、マイルールから外れているタイミングでは、ひたすら待つことが大切です。

マイルールがない、もしくは、マイルールに従うことができないと、

なんとなくあがりそうな気がするからロング!!

といった、適当なトレードに繋がってしまいます。エントリーも利確も損切も、全て「なんとなく」になってしまうのです。

マイルールを作り、守ることで、ポジポジ病にならないようにしましょう。

負けたら一旦トレードを休む

ポジポジ病を克服するために次に重要なことは、負けたら一旦トレードを休むことです。

損を取り返そうとすることは、ポジポジ病に繋がると書きました。

人間は心が傷つけば傷つくほど、自分の感情に従って行動してしまう生き物です。トレードで負けた時は心が傷付き感情的になってしまい、

負けた分を取り返したい!!

と思ってしまうものです。その結果、適当なトレードを繰り返してしまいます。

ここで意識してほしいのは、「大きな負けは小さな負けから始まる」ということ。

どんなに大きな負けであっても、小さな負けが始まりとなり、どんどん負けが膨らみ、大きな負けとなるのです。

僕自身も、数万円の損切が悔しくて取り返そうとした結果、数十万円負けるという経験を何度もしています。

これを避けるためには、「負けたらとにかく一旦休む」ことが重要です。相場環境がどんなに良くても、負けたら一旦休みましょう。

自分が思っている以上に、人は自分をコントロールできません。負けて心が傷ついているときはなおさら。

だからこそ、一旦休み、冷静になった上で再度トレードをすることをオススメします。

ポジポジ病は百害あって一利なし

ポジポジ病は百害あって一利なしです。

トレードとは期待値の高いエントリーを繰り返して利益を積み上げていくもの。

ポジポジ病のように、期待値の低いタイミングでもエントリーを繰り返していくスタイルは、長い目でみたら必ず破産します。

すでに自分がポジポジ病になってしまっている方は、この記事に書かれていることを実践して、必ず克服してください。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。