仮想通貨

仮想通貨の半減期とは?超ざっくりと理解したい人向けに解説するよ

こんにちは、くれば(@clevloger)です。

今回は、「仮想通貨の半減期」について解説します。難しい専門用語を使わず、誰でも超ざっくりと理解できるように書きました

仮想通貨の半減期って聞いたことあるけど、実際よくわからないゾ・・・価格はあがるの・・・?

という疑問を抱えている方に読んでほしい記事です。

この記事を読むと・・・

仮想通貨の半減期について、ざっくりと理解できる!

仮想通貨の送金の仕組み

仮想通貨は、誰でもいつでも自由に送金することができます。

実は、仮想通貨が送金されるたびに、その取引の内容を確認して、承認している人(企業)がいます。

この承認する作業は「マイニング」と呼ばれ、承認している人は「マイナー」と呼ばれています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 01-6.png です

仮想通貨のマイニング報酬とは

マイナーは、マイニング(送金を承認)する度に「報酬」をもらうことができます。

この報酬のことを、「マイニング報酬」と呼びます。

マイニングはタダではできません。コンピューターを使ってとんでもない量の計算作業をする必要があり、物凄い電気代がかかってしまいます。

でも、この報酬がもらえるので、マイナーは頑張ってマイニングをするのです。

マイニング報酬は、マイニングしている通貨でもらえます。

ビットコインのマイニングならビットコイン、モナコインのマイニングならモナコインがもらえます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-5.png です

仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨の半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことです。

あるタイミングを過ぎると、その瞬間から、マイニング報酬が半分になってしまうのです。

例えば、マイニング報酬として、2ビットコインもらっていたとしたら、それが1ビットコインに減ってしまうのです。

そしてこの「あるタイミング」は、仮想通貨の種類によって違います。

「マイニングを○○回したら半減期」といった形で、半減期が訪れるタイミングは、最初からプログラムによって決まっています

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 03-2.png です

仮想通貨に半減期が存在する理由

仮想通貨に半減期が存在する理由は、「仮想通貨の価値が下がらないようにするため」です。

モノは増えすぎると価値が下がります。ずっと同じマイニング報酬で、仮想通貨の量が増えてくると、値下がりする危険性が出てきます。

そのため最初から「半減期」を設定して、発行する量が次第に減っていくようにプログラムしておくことで、価値が下がりづらくなるようにしているのです。

仮想通貨は半減期で価格があがる?

では、仮想通貨は、半減期で価格があがるのかどうか。

最近、2020年4月8日に半減期を迎えた、「ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)」のチャートを見てみます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 04-3.png です

半減期にあわせて、1ヵ月前くらいから、ジワジワと価格が上がっていき、半減期の後は価格が下がっています。

あくまでビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の話なので、他の仮想通貨も絶対に同じという訳ではありませんが、

仮想通貨は、「半減期に向けて価格が上がっていき、半減期の直後は価格が落ちる」というパターンが多いです。

半減期が近い仮想通貨の一覧

半減期が近い仮想通貨は、以下のとおりです。

2020年5月に、仮想通貨の王者であるビットコインの半減期があります。

半減期が近い仮想通貨一覧

ビットコインキャッシュ(BCH・BCC) / 2020年4月(半減期通過済)

ビットコイン(BTC) / 2020年5月

モナコイン(MONA) / 2020年7月

仮想通貨の半減期とは?まとめ

記事を読み飛ばしてしまった方のために、最後にカンタンに内容をまとめておきます。

まとめ:仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨を送金するとき、承認が必要。承認作業はマイニングと呼ばれ、承認する人はマイナーと呼ばれる。マイニングをすると、報酬をもらえる。

「半減期」とは、マイニングの報酬が半分になるタイミングのこと。

半減期に向けて、仮想通貨の価格が上昇していくパターンが多い。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。