トレード

デイトレード初心者が必ず知っておかないといけない相場の現実

こんにちは、くれば(@clevloger)です。

今回の記事では、「デイトレード初心者が知っておかないといけない相場の現実」について、僕自身のトレード経験をもとに、解説します。

デイトレードをこれから始めようと思っているよ。デイトレードって簡単に稼げるって聞いたけど、実際どうなの?

ということを考えている、初心者の方向けに書きました。結論から書いてしまうと、

この記事の結論

デイトレードで稼ぐことは決して簡単ではないです。「簡単」だと思って参入するのであれば、今すぐやめたほうがいいです。

デイトレードで勝つことは決して簡単ではない

まず最初にお伝えしたいのが、「デイトレードで勝つことは決して簡単ではない」ということです。

有名な話ではありますが、投資は9割の人が負ける世界です。

極端な話、10年分の給料とかが一瞬で吹き飛ぶ可能性もあります。僕自身も、1日で数百万円吹き飛ばしたこともあります。

「1日5分でラクラクデイトレード♪」みたいな記事を見かけることもあるかと思いますが、そんなラクな話は絶対にないと断言できます。

ではなぜ、簡単に見えてしまうのか。それは大きく3つの理由があるかと思います。

勝つまでの過程が見えないから

生き残っている人ばかりが目立つから

誘う側の人間は「簡単そう」に見せかけるから

勝つまでの過程が見えないから

「ピカソの逸話」をご存じですか?

ある女性が、道でピカソを見つけました。

女性はピカソに対し、「大ファンです。絵を書いて欲しい」と話しかけました。

ピカソは、女性が準備した紙に30秒ほどで絵を描き、「この絵の値段は100万ドルです」と言いました。

女性は驚き、「30秒しかかかってないのに100万ドル!?」と返しました。

その言葉を聞いたピカソは苦笑いしながら、「お嬢さん、それは違う。30年と30秒だ」と言いました。

確かに、絵を描いた時間自体は30秒。しかし、そこに至るまでに、ピカソは何十年と技術を磨き続けてきたのです。

トレードも、マジでこれと同じです。

お金を稼ぐ瞬間自体は短いのですが、そこに至るまでに、物凄い量の経験を積んでいるのです。

しかし、たいていの場合は、その経験の部分が見えません。

だからこそ、「簡単に勝っている」ように見えてしまうのです。

生き残っている人ばかりが目立つ

Twitterとかを見ていても分かるかと思いますが、トレードの世界では生き残っている人ばかりが目立ちます。

これは、生存バイアスと呼ばれます。

生存バイアスとは、一般には生存者バイアスとも呼ばれている言葉で、脱落したものや淘汰されたものを評価すること無く、生き残ったもののみを評価するというバイアスのこと

トレードに置き換えると、「破産して消えていった人は全く目立たずに、稼いでいる人ばかりが目立ってしまう」ということです。

実際には無数に負けている人がいるにも関わらず、目立つのは、勝っている人ばかりなのです。

誘う側の人間は簡単そうに見せかける

皆さんを投資やトレードに誘う側の人間は、簡単に稼げるように見せかけます。

なぜなら、そうすることで皆さんがお金を払ってくれるから。

仮想通貨の世界とかは特にエグかったです。何度かニュースにもなりましたが、とんでもない数の詐欺がありました。

これらの詐欺はたいていの場合、「簡単に稼げる」という甘い言葉に誘われた結果、被害を受けてしまっているのです。

投資の世界には、「人を誘い込むことでお金を稼ぎたいだけ」の人が本当に多いです。誘われた際には、存分に注意してください。

初心者トレーダーからプロトレーダーまで同じ土俵で戦う

それでも「自分は稼げる自信がある」と考えている方に知っていただきたいこと。

それは、トレードの世界は「初心者トレーダーからプロトレーダーまで同じ土俵で戦う世界である」ということです。

個人投資家から機関投資家まで、あらゆる人が同じ市場で戦っているのです。

これ、本当に恐ろしいことで、スポーツに例えるとすると、

サッカー始めたての初心者がいきなりワールドカップに出場する

マジでこれくらいのイメージです。

当然、マーケットに参加している人は、自分がお金を稼ぐために参加しているので、手加減なんてしてくれません。

初心者の自分がその世界でなぜ勝てると思うのか

そこで皆さんにしっかり考えていただきたいのは、「初心者の自分がなぜそんな世界で勝てると思うのか」ということ。

当然、勝てない訳ではないです。有名な個人投資家も最初は初心者からスタートしています。

ただ、大多数が負けていくこの世界で、「自分は他の人と何が違って、なぜ勝てる要素があると考えるのか」については、一度考えてみると良いと思います。

そして、「何かしらの勝てる要素がない限りは、必然的に負けていく9割に入ってしまう」という事実は、頭の片隅に置いておいてください。

トレードは優位性が無いと絶対勝てないよって話こんにちは、くればです。 今回は、「トレードは優位性が無いと絶対に勝てないよ」って話について。 といった方に読んで欲しい記事です。 ...

デイトレードで勝つためには負けることが必要

最後に知っておいて欲しいことは、デイトレードで勝つためには、負けることが必要だということです。

矛盾しているようですが、負けを重ねることで初めて、勝つことができるようになるのです。

もちろん、最初から勝ち続けている天才もいます。しかし、それはほんの一握りです。大半の人は、最初は負けまくっているのです。

資産200億円を超える超有名な個人投資家のcisさんですら、最初は負けまくっていたと、自身の本で語っています。

スポーツでも勉強でも、物事が上達していくときは必ず、「失敗」を積み重ねていく必要があることは、皆さんもご存じかと思います。

デイトレードで積み重ねる必要のある「失敗」とは、「お金を失うこと」です。

つまり、「お金を失うこと」で初めて、お金が稼げるようになるのです。

大半の人はこの「お金を失う」の段階で挫折していってしまいます。

お金を失うことで強いストレスを感じてしまう人は、そもそもデイトレードに向いていないということを、知っておいてください。

デイトレード初心者が知っておかないといけない相場の現実:まとめ

記事を読み飛ばしてしまった方のために、最後にカンタンに内容をまとめておきます。

この記事のまとめ

デイトレードで勝つことは、簡単に見えてしまう場合もあるけれど、決して簡単ではない。

初心者トレーダーからプロトレーダーまで同じ土俵で戦う過酷な世界。その中で自分が勝てる理由は何かを考えないといけない。

デイトレードで勝つためには負けることが必要。お金を失うことで強いストレスを感じてしまう人は向いてない。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。