トレード

デイトレードを少額から始めるべき3つの理由

こんにちは、くれば(@clevloger)です。こんな疑問を抱えていませんか?

デイトレードはいくらくらいから始められるの?少額でもできる?

今回の記事では、「デイトレードを少額から始めるべき3つの理由」について、僕自身のトレード経験をもとに、解説します。

この記事の結論

理由1:デイトレードは最初は誰でも負けるから

理由2:少額の方が勝つのは簡単だから

理由3:少額で勝てないなら金額を増やしても勝てるはずがないから

デイトレードは最初は誰でも負ける

断言しますが、デイトレードは最初は誰でも負けます。

こちらの記事でも書きましたが、デイトレードは、負けを積み重ねることで初めて勝てるようになっていくものです。

デイトレード初心者が必ず知っておかないといけない相場の現実デイトレードって簡単に稼げると思っていませんか?この記事では、デイトレード初心者が必ず知っておかないといけない相場の現実について、僕自身のトレード経験をもとに、解説しています。これからデイトレードを始める方は必見です。...

スポーツと同じで、コツコツ練習を積み重ねていくことで、初めて勝てるようになるもの。

一部の天才を除いて、最初から勝ち続けることのできる人はいないのです。

そのため、デイトレードを始めるときに何よりも重要なことは、「少額で始めることで、負けたときのダメージを軽くすること」です。

なかなか、自分が負けるイメージをしたくはありません。

僕自身もトレードをやっているので、負けることを想像したくない気持ちは非常にわかります。

しかしながら、最初は負けてしまうのが「現実」なのです。

デイトレードをやり始めて最初に勝ってしまうと、

一気にたくさん勝ちたい・・・! 

という欲望が必ずでてきてしまうものです。

その時に、欲望に負けて金額を一気に増やしたら絶対にダメです。負けたタイミングで、全てを失ってしまいます。

まずは、「デイトレードは最初は必ず負ける」ということを忘れずに、相場と向き合っていくことが重要です。

デイトレードは最初は絶対に負けるので、少額から始めた方がダメージが少なくて済む。

デイトレードは少額の方が勝つのが簡単

デイトレードは、少額の方が勝つのは簡単です。

なぜなら、「流動性」という概念があるからです。

「流動性」とは、ざっくりいうと、「どれだけ売買されているか」ということです。

例を使って説明します。

自分がA社の株を200万円分持っているとします。このとき、A社の株が

① 取引所全体で1日あたり200万円の売買がされている場合

② 取引所全体で1日あたり10億円の売買がされている場合

どちらの方がデイトレードをやりやすいでしょうか。

当然ですが、答えは②です。

①の取引所全体で1日あたり200万しか売買されていない場合。

このとき、自分が持っている200万円分の株を取引しようとしすると、相場にものすごい大きな影響を与えてしまいます。

そのため、狙った価格で買ったり・売ったり、自由に売り買いすることができません。

一方、②の取引所全体で1日あたり10億円もの売買がされている場合。

この場合は、自分が持っている200万円分の株を全て売ったとしても、相場に与える影響は小さいため、自由に売り買いすることができます。

このように、相場には流動性があるため、自分が取引しようとする金額が大きければ大きいほど、デイトレードは難易度が上がっていきます。

有名なデイトレーダーであるテスタさんも、

デイトレはそこまで資金を投入することが出来ないため、資金を余らせることに耐えられなくなり、2016-2017年くらいから中長期投資を始めた。

とおっしゃっています。

デイトレードでは大きな金額を動かすことが難しいのです。

つまり、デイトレードは少額であればあるほど、相場に与える影響が小さくなるため、取引がやりやすくなるのです。

相場には「流動性」があるため、金額が大きければ大きいほど勝つのが難しくなる。

少額で勝てないなら金額を増やしても勝てるはずがない

先ほど書いたように、デイトレードは金額が大きければ大きいほど、勝つのが難しくなっていくものです。

そのため、少額の方が勝つのが簡単なはずです。

よって、そもそも少額で勝てない場合には、金額を増やしても絶対に勝てません。

人間には欲望があるので、一気に大金を投入して、一気に勝ちたくなってしまうものです。

特に、「今負けているのに、金額を増やす」ということだけは絶対にやってはいけません。

僕自身も経験があるのでよくわかりますが、少額で負けたあとに取り返そうと、金額を増やすことをやってしまいがちです。

しかし、少額ですら負けているのに、金額を増やして勝てるはずがないのです。

まずは少額でコツコツと増やしていく経験をして、継続的に勝てるようになった段階で初めて、金額を増やすことをオススメします。

少額で勝てていないのに、金額を増やしても勝てるはずがない。

デイトレードを少額から始めるべき3つの理由:まとめ

記事を読み飛ばしてしまった方のために、最後にカンタンに内容をまとめておきます。

この記事のまとめ

デイトレードは最初は絶対に負けるので、少額から始めた方がダメージが少なくて済む。

相場には「流動性」があるため、金額が大きければ大きいほど勝つのが難しくなる。少額の方が簡単。

少額で勝てていないのに、金額を増やしても勝てるはずがない。まずは少額で勝てるようになろう。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。