トレード

コツコツドカンをやってしまう原因と対策についてトレーダーが解説

こんにちは、くれば(@clevloger)です。このような悩みを抱えていませんか?

コツコツドカンで負けてしまう・・・

そんな悩みを解決するために、コツコツドカンをやってしまう原因と対策方法について、僕自身のトレード経験をもとに解説します。

この記事の結論

コツコツドカンの原因は3つ:①損切りしない、②無計画なナンピン、③一気に勝とうとする

コツコツドカンの対策方法も3つ:①逆張りをやめる、②仕組みを作る、③メンタルを整える

コツコツドカンとは

コツコツドカンとは、コツコツと勝ってドカンと負けることです。

具体的な例を出すと、このようなトレードのことを指します。

  • エントリー①:10,000円の利益
  • エントリー②:8,000円の利益
  • エントリー③:3,000円の利益
  • エントリー④:15,000円の利益
  • エントリー⑤:50,000円の損失
  • 結果:トータルマイナス14,000円

少しずつ利益を積み重ねていたのに、一回の損失でマイナスになってしまっているのが分かるかと思います。

このように、コツコツと利益を積み重ねていたけれど、ドカンと大きな損失を食らってしまうようなトレードのことを「コツコツドカン」と呼びます

コツコツドカンの原因

コツコツドカンの原因は、大きく3つあります。

このうち1つでも当てはまる場合は、既にコツコツドカンをやっている、もしくは今後やってしまう可能性が高いです。

  1. 損切りから逃げている
  2. 無計画なナンピンをしている
  3. 一気に勝とうとしている

損切りから逃げている

コツコツドカンをやってしまう原因として、「損切りから逃げてしまう」は、超あるあるです。

コツコツと勝ち始める → 予想と反対に動く → せっかくコツコツ稼いだのに失いたくないと思う → 損切りしない → 一気にドカンと負ける

こんな流れでしょうか。これは誰もが絶対に通る道だと思います。

しかし、勝ちたいのであれば、損切りは必須です。損切りなしで勝っているトレーダーはいません。

損切りできない人に向けて、こんな記事を書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

【記事リンク】

無計画なナンピンをしている

コツコツドカンをやってしまう原因として、「無計画なナンピンをしてしまう」も、超あるあるです。

念のため説明しておくと、「ナンピン」とは、価格が想定外の方向に動いた時に、自分のポジションを更に増やす行動のことです。

買う → 価格が下がる → 負けを認めたくないので、更に買う → 更に価格が下がる → きっと反転することを祈って更に買う → 更に価格が下がって、耐え切れず損切り、もしくは強制ロスカット

こんなトレードのことです。こちらも、誰もが一度は通る道だと思います。

このナンピンですが、最初から分割エントリーをするつもりで、計画的にやっているなら問題ありません。

問題なのは、無計画にやってしまうこと。無計画ナンピンをしてしまう人は、コツコツドカンをやってしまう可能性がかなり高いです。

この無計画なナンピンの裏側にある心情は、

間違いを認めたくない・・・

である場合が大半です。

しかし、価格が想定と違う方向に動いた瞬間、あなたのトレードのエントリー根拠は間違っていたも同然なのです。

間違ったエントリー根拠でのトレードを続けるのは、ただのギャンブルです。無計画なナンピンはせず、素直に損切りしましょう。

一気に勝とうとしている

最後は、「一気に勝とうとしている」です。一気に勝とうと、かなり大きな金額でトレードしていませんか?

こちらは、負けを取り返そうとする時によくやってしまう行動です。

負ける → 負けたことが精神的にダメージとなり、一気に取り返そうとする → 一気に負ける

こんなトレードのことです。

負けた時は、これまでコツコツ稼いできたお金とそれに費やした時間が全て無駄になった気がしてしまい、一気に取り返そうとしてしまうものです。

しかし、そういったトレードは今後一切やめましょう。

自分の資金量に対して適切でない金額でトレードを続けていると、間違いなくいつか全て失うことになってしまいます。

コツコツドカンの対策方法

コツコツドカンの対策方法は、大きく3つあります。

  1. 逆張りをやめる
  2. 仕組みを作る
  3. メンタルを整える

逆張りをやめる

逆張りはコツコツドカンが起きやすいです。

逆張りを一度でもやったことのある方は分かると思いますが、逆張りは失敗したときに一気に損失が膨らみます。

その結果、先ほどコツコツドカンの原因になると書いた「損切りができない」や「取り返そうとナンピンする」という状態に陥りやすくなってしまうのです。

コツコツドカンに悩まされている方の中で、逆張りで失敗するケースに当てはまる場合は、まずは一旦、逆張りをやめてみることをおすすめします。

仕組みを作る

トレードは感情を揺さぶられるので、自分の意志を強く持つことがなかなか難しいです。

そのため、自分の意志に頼らなくてもコツコツドカンを防げる「仕組み」を作ってしまうのも手段の一つとしてオススメします。

仕組みを作ってしまうというのは、例えば、

  • 損切りは全てストップロスを事前に入れて、それをエントリー後はいじらない
  • ナンピンをできないように、少ない金額しか入金しない

といったようなものです。

トレードで負けないための「仕組み作り」が重要という話については、こちらの記事でも書いているので参考にしてみてください。

投資で負けないために重要なのは「仕組み作り」だよこんにちは、くればです。 今回は、「投資で負けないために重要なのは仕組み作りだよ」という話について。 という方に読んで欲しい記事です。...

メンタルを整える

対策方法の最後の1つは、「メンタルを整える」です。

自分のメンタルの不調を感じたら、トレードから一旦離れましょう。

メンタル不調でやるトレードは必ず負けます。絶対に「ドカン」します。

損切りを絶対にやる!無計画なナンピンをしない!!

といったように、どんなに決めていても、メンタルが整っていないとすぐに破ってしまうものです。

どんなに良い手法を持っていたとしても、それを実行するためのメンタルが整っていないと、何の意味もないのです。

トレードでメンタルを保つ方法については、こちらの記事でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

投資でメンタルを保つ方法について脳科学の知識を交えて解説するこんにちは、くればです。 今回は、「投資でメンタルを保つ方法」について、脳科学の知識を交えて解説します。 投資をやっていてストレスを...

コツコツドカンの原因と対策方法:まとめ

記事を読み飛ばしてしまった方のために、最後にカンタンに内容をまとめておきます。

この記事のまとめ

コツコツドカンとは、コツコツ積み重ねた利益を、ドカンと吹き飛ばしてしまうようなトレードのこと。

コツコツドカンの原因は、①損切りしない、②無計画なナンピン、③一気に勝とうとする、の3つ。

コツコツドカンの対策方法として、①逆張りをやめる、②仕組みを作る、③メンタルを整える、がオススメ。

ABOUT ME
くれば
くれば
3,000万円を失った20代兼業トレーダー。最高月間利益は1,000万円超え、最高月間損失も1,000万円超え。自分のトレード経験をもとに、ブログ記事を書いています。